東洋医学ひぐちクリニック 東洋医学で健康 冷え症を改善 鍼灸 漢方 操体法

HOME 東洋医学 健康 冷え症

東洋医学とは 東洋医学 健康 冷え症
東洋医学と西洋医学の違い
実は"水分"が原因だった!?
書籍のご紹介
◆診療内容
◆患者様の声
◆『患者様の声』からわかる事

根本治療 東洋医学 健康 冷え症
漢方ってなんだろう?
現代日本人の忘れた治り方
分子整合栄養医学について

インフォメーション 東洋医学 健康 冷え症
適応疾患
医院概要・地図
◆院長紹介
◆院長の独り言
◆東洋医学治療の小経験&雑感



現代日本人の忘れた治り方 東洋医学 健康 冷え症
  現代日本人の忘れた治り方

HOME > 現代日本人の忘れた治り方

本当に治るとは

薬で治る?
『薬』という字は草冠(クサカンムリ)に楽しいと書きますから、
草は材料を示し、これをのむと患者さんは体調がよくなり、
楽しくなっていたのではないかと思われます。

西洋医学をやっていたころは痛みを止めるのに痛み止め、
湿布、注射が常套手段で、痛みが今一つなら、
強い痛み止めを使う方向にエスカレートしていましたが、
東洋医学のみの治療に変えてからは痛み止め、湿布は
使わずに漢方、鍼、ツボ注射で加療し、ほとんどの方が
直後に自覚症状が軽くなります。
薬で治る?

こういう患者さんの反応は西洋医学をやっていた頃はなく、病気ではなく病人が治るという事は
こういった経過で治っていくのかと感激しています。

日に3回の漢方薬を2回、1回へと減らすことができ、最終的には薬がなくても体調良好を
保つことができたり、毎日飲むものであれば1日おき、2日おきと徐々に日数をあけてのんでも
症状がなくなり、健康な状態に戻るのです。

『体質だとあきらめていた。』という患者さんが治っていくのを目の当たりにすると、
東洋医学の素晴らしさをより感じます。
 [点線]

操体法を知っていますか?
仙台の橋本敬三先生が考案された方法です。鍼灸やその他の民間療法を研究されて
行き着いたのが操体法であり、人間を4本柱の構造物にたとえて、0.1mmでも歪むと
不具合(原始感覚でしか判らないもの)が生じ、その歪みをとるとよくなるという考え方です。

痛い方向に曲げてリハビリするのが西洋医学流ですが、痛くない方向に抵抗を加えて瞬間
脱力することにより、関節可動域を改善させるのが東洋流です。

呼吸法と一緒に瞬間脱力を覚えると、自分の身体全体にスーッと何かが流れて温かくなるのが
分かります。全国に操体法の会がありますから興味のある方はお探し下さい。
 [枠下]

 [点線]

東洋医学関連サイト
・鍼灸net http://www.shinkyu-net.jp

・中国治療家ネットワーク http://www.chuui.co.jp/network/index.html

 [点線]

お気軽にお問い合わせください
ページトップへ

東洋医学ひぐちクリニック 旧 医療法人樋口整形外科 東洋医学ひぐちクリニック 東洋医学で健康 冷え性を改善 鍼灸 漢方 操体法
TEL/FAX:0943-23-2765 住所:〒834-0005 福岡県八女市大島18-1
◆東洋医学とは  |東洋医学と西洋医学の違い実は"水分"が原因だった!?書籍のご紹介診療内容患者様の声
◆根本治療  | 漢方ってなんだろう?現代日本人の忘れた治り方分子整合栄養医学について
◆インフォメーション  | 適応疾患医院概要・地図院長紹介
COPYRIGHT(C)2011 東洋医学ひぐちクリニック ALL RIGHTS RESERVED.